≪レポート≫今季の稲刈り終了 水田ソーラーシェアリング、夏季に想定上回る発電量も記録

秋田市北部に位置する秋田県井川町に秋田県内では初めてのソーラーシェアリング(営農型太陽光発電施設)が地元の電気機器メーカー、アイセスによってこの春に設置されて、耕うんから代かき、田植えなどの農作業が続けられてきたが10月6日にはコンバインによる稲刈りが行われた。 [画像・上:太陽光パネル下でコンバインを使って稲刈り(提供:アイセス)] 営農をしながら、発電もすることで農業収入と売電収入…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー