《インタビュー》施工の現場から:第1回【エナジービジョン】太陽電池モジュールの焼損

太陽光発電システムは、必要な部材がモジュールで入手できることもあり、「とりあえず繋げば」発電はする。他の発電システムと比べた時のその圧倒的な導入障壁の低さが再生可能エネルギーの急速な普及を後押しする追い風となる一方、ずさんな施工会社の参入を容易にし、早くもその問題点が露呈し始めている。 一番大切なのは20年以上しっかり発電し続けること。長期間の発電を担保するために欠かせないのが、「O&…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー