《スペシャルインタビュー》【ドイツ・エネルコン社】大型風力発電を自己消費。鋳造工場のエネルギー2割自給

[画像・上:エネルコン社の鋳造工場とその横に建つ風車E-101。風車は工場にケーブルで直結。発電量の7~8割が工場で直接消費されている ©Enercon GmbH] 本誌25号(2015/5/4)では、ドイツで広がる産業を対象とした自己消費向けの太陽光発電ビジネスについて報告した。ドイツで最も発電コストが安い再エネ電力である陸上風力についても、産業での自己消費が始まりつつある。 陸上風…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー