《リポート》「全国風サミットin庄内」:「風力発電の地産地消」目指し議論。日本各地の自治体が集結

[画像・上:「第18回 全国風サミット」開催地・山形県庄内町のウィンドファーム] 「全国風サミット」が10月21日(水)~23日(金)の3日間、山形県庄内町で開催された。同サミットは1994年より、開催地の市町村が主催となり毎年行われている自治体主導のシンポジウムだ。共催は風力発電推進市町村全国協議会、日本風力エネルギー学会、日本風力発電協会。経産省資源エネルギー庁、環境者、山形県などが後援…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー