《リポート》発電の現場から都市農業の明日を視る ~神奈川県農業用水小水力等発電協議会・農業用水を活用した小水力発電所現地視察研修ツアー

[画像・上:相模川左岸THK発電所を視察する一行] 10月中旬、神奈川県農業用水小水力等発電協議会(神奈川県横浜市)の主催で、農業用水を活用した小水力発電所現地視察研修ツアーが行われた。 訪問先は山梨県韮崎市、北杜市、そして神奈川県座間市内の3カ所。どれも地元密着の発電施設だ。 座間市内の水車は実証試験機で、発電機は相模川左岸幹線用水路に約1カ月前設置された。想定発電量は140k…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー