《レポート》【バイオマスWG】「箱根山系の列状間伐」を視察。バイオマス保全の重要性を実感

市民キャビネット農都地域部会バイオマス発電事業化促進WGは9月14日、箱根山系で行われている列状間伐の施業地を見学するフィールドワークを行い、会員など20名が参加した。 列状間伐が行われているのは、箱根湯本から大観山まで通じる箱根ターンパイクの南斜面一帯約900ha。樹齢60年ほどの桧、杉の人工林を数メートル間隔の列状に伐採し、ワイヤーロープを使った架線による懸架方式で木材の搬出を行っている…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー