《告知》エネルギー貯蔵最前線を知る「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン 2015」、11月11日から開催

[画像・上:昨年度エナジー・ストレージ・サミット・ジャパンのフォーラム会場より。国内外、政財官の各界からの論者が壇上に上がった]

エネルギー貯蔵の国際会議と展示が繰り広げられる「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン」(ESSJ2015)が今年も開催される。

2回目の開催となるESSJ2015は、会議及び展示会が行われる11月11日(水)および12日(木)、そして国内のエネルギー貯蔵施設を訪ねる13日(金)の3日間開催と、会期が延長された。

会議にはエネルギーに関する国内外のキーパーソン約40名が集結。技術発表やレクチャー、パネルディスカッションを行う。展示では日本電気(NEC)日本ガイシ住友電工ほか、海外からはサンファイヤー(ドイツ)ほかの、高い技術を誇る企業揃い。そして初の試みであるサイトビジットでは、住友電工横浜製作所でメガワット級大規模蓄・発電システム、川崎マリエン東芝の自立型エネルギー供給システムH2One、そして柏の葉スマートシティを巡る。

ESSJは発表者のみならず、海外からの参加者も多い。規模を拡大して開催される今年度。各国から集った政産官学のトップランナーたちがエネルギー貯蔵について意見交換する場として、そしてエネルギーの技術、政策、ビジネスについて熱いやり取りが飛び交う場として、国際色の豊かさが話題を呼んだ前回初年度にも増してさらに盛り上がるはずだ。

「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン 2015」主催
メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン代表
アンドレアス・メルケ氏

「昨年度は、ESSJの豊かな国際色が話題を呼び成功裏に終了しました。また、参加者のうち約半分が企業のマネジャー層の方々だったことは、ESSJがきっかけとなるビジネスチャンスの大きさを物語る一例だと考えております。

本年度は3日間のイベントに規模を拡大しました。会議やディスカッションでは、すでに約40人の方々に参加確認済みです。エネルギー政策決定者やエネルギー関連技術に関する世界的権威など、今年も豪華絢爛たる顔ぶれの皆様に国内外からお集まりいただけることになり、心から喜んでおります」

■会期:<会議・展示>2015年11月11日(水)・12日(木)/<サイトビジット>13日(金)
■場所:ベルサール渋谷ファースト(東京都渋谷区東1-2-20)
■主催:メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
■参加費等の問合せ・連絡先:℡03-5210-9951 https://essj.messe-dus.co.jp/jp/energy-storage-summit-japan/

同じく昨年度のエナジー・ストレージ・サミット・ジャパンより。参加者も国際色豊かなのがESSJの特徴だ

同じく昨年度のエナジー・ストレージ・サミット・ジャパンより。参加者も国際色豊かなのがESSJの特徴だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る