《自動車が挑む「新エネルギー」 ~東京モーターショー2015を振り返る》第3回:よりコミュニティに密着した存在としてのFCバス。【日野自動車】燃料電池発電から始まる新たな都市交通連携

日野自動車が東京モーターショーで展示したのは、燃料電池(FC)バスのコンセプトモデルである「フューエルセル・バス」だ。 [画像・上:日野自動車が東京モーターショーで展示した燃料電池バスのコンセプトモデル「フューエルセル・バス」外観] 現在日野自動車は、商用投入に向けFCバスの開発を進めている。FCスタックや蓄圧タンクなどの開発はグループの親会社であるトヨタ自動車が担当。燃料電池車(FC…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー