《連載:世界の自然エネルギーの現状⑮》中国の自然エネルギー ~躍進する風力と太陽光

世界第二位の経済大国であり、最も大量の温室効果ガスを排出する中国(中華人民共和国)ですが、いまや中国は世界で最も自然エネルギーの導入を推進している国となっています。中国では、2000年以降、急速な経済成長に伴い、電力などのエネルギー需要が増加し、石炭などの火力発電所の建設が進みました。大規模なダム建設を伴う水力発電所の建設も進められ、年間導入量も2200万kWに達して、いまや2億8000万kW(2…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー