《連載:世界の自然エネルギーの現状⑯》デンマークの自然エネルギー ~持続可能なエネルギーモデル

欧州の中でも北欧は環境問題に積極的に取り組んでいることで有名ですが、その中のデンマークでも1970年代のオイルショックまでは化石燃料に大幅に依存し、99%を中東の石油等の輸入に依存していた時代がありました。その中で、日本と同様に化石燃料による大気汚染が大きな社会問題となり、国民の環境意識が非常に強くなりました。その結果、1990年代以降は、エネルギー消費量やCO2排出量と、GDPのデカップリングに成功をしています。

エネルギー政策としては、オイルショック以降、石油依存からの脱却の必要性からエネルギー構造転換が迫られましたが、1980年代はまだエネルギー需要は右肩上がりで原子力の利用を想定したものでした。しかし、1990年には、デンマーク政府による持続可能な発展のための実施計画が採択され、脱大量生産、脱大量消費などの見直しが行われました。その時点で2030年までに二酸化炭素の排出量を半減させることが目標とされ、2025年までに自然エネルギーの割合を30%にまで高めるとされました。

デンマークの電源02

(松原弘直)

《続きは紙面にて》

 

《外部リンク》

デンマーク・エネルギー庁

《関連記事》

《連載:世界の自然エネルギーの現状⑮》中国の自然エネルギー ~躍進する風力と太陽光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る