《連載:世界の自然エネルギーの現状⑰》イギリスの自然エネルギー ~風力発電の躍進

[画像・上:イギリスの自然エネルギー発電量の推移(出典:イギリスDECC資料より作成)]

イギリスは、欧州の中で自然エネルギーの導入が比較的遅れていましたが、2010年以降、風力発電を中心に急速にその導入が進んでいます。全発電量に占める自然エネルギーの割合は、2000年にはわずか3%程度でしたが、2011年には10%近くに達し、2014年には19%に達しています。2001年にEU指令により定められた2010年の導入目標は全発電量に占める割合が10%でしたが、その時点では7%程度と達成できませんでした。2009年のEU指令では、2020年の最終エネルギー消費に占める自然エネルギーの割合が国別に決められましたが、イギリスの目標は15%となっており、電力では30%とかなり高い目標になっています。

(松原弘直)

《続きは紙面にて》

 

《関連記事》
《連載:世界の自然エネルギーの現状⑯》デンマークの自然エネルギー ~持続可能なエネルギーモデル
《連載:世界の自然エネルギーの現状⑮》中国の自然エネルギー ~躍進する風力と太陽光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る