「いちご昭和村生越ECO発電所」(群馬県)売電開始 関東最大級43MW

クリーンエネルギー事業を手掛けるいちごは、群馬県昭和村に建設したメガソーラー「いちご昭和村生越ECO発電所」が9月2日から売電を始めたと発表した。パネル出力は43.34MWで、稼働済み案件では、関東で最大級となる。 [画像・上:いちご昭和村生越ECO発電所(提供:いちご)] 当初、売電開始を2018年1月に予定していたが、工事などの順調な進捗により約4カ月前倒しで売電を開始したという。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー