「京浜バイオマス発電所」営業開始。【昭和シェル石油】木質では国内最大級

[画像・上:京浜バイオマス発電所] 昭和シェル石油は11月、神奈川県川崎市で「京浜バイオマス発電所」の営業運転を開始した。発電能力は49MW、年間の発電量は一般家庭約8万3,000世帯分に相当する3億kWhを見込んでいる。国内で稼働中の木質バイオマス発電所では最大級となる。 同社初のバイオマス発電所で、設計・調達・建設(EPC)はJFEエンジニアリングが担当した。運営は同社子会社の「京…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー