「再生可能エネルギーによる 地域の自立を目指して」会津電力・佐藤彌右衛門氏講演レポート

職人革命会祭で行われた会津電力代表取締役・佐藤彌右衛門氏による講演をレポートする。 [画像・上:佐藤彌右衛門会津電力代表取締役] 福島県には会津・中通り・浜通りの3つの地方がある。会津電力は地域の電力を自分たちで作るために発足した。「共有的」株式会社として、理念に賛同した地元の7つの町村と、個人株主、金融機関が出資している。 「四方四里」という言葉がある。会津は正にこの言葉が当て…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー