「地域と木質バイオマス」の可能性 ~青森県西目屋村の取り組み

10月に本年度の「バイオマス産業都市」選定結果が発表された。関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同で推進しているもので、バイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までを貫く地域のシステムを確保しつつ構築するのが事業での目標だ。今回は11の市町村の事業プランが選定され、構想の内容に応じて関係7府省から相談・助言などを含め支援が行われる。その背景…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー