「有田太陽光発電所」運転開始。関電グループ内で最大となる30MW、和歌山で

[画像・上:運転を開始した「有田太陽光発電所」] 関西電力は10月、子会社の関電エネルギーソリューションが和歌山県有田市にある石油会社の遊休地で建設を進めてきた「有田太陽光発電所」が営業運転を開始したと発表した。同発電所の発電出力は2万9,700kWで、関西電力グループの太陽光発電所としては最大規模となる。年間発電量は3,100万kWhを見込んでおり、一般家庭約9,000世帯の年間電気使用量…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー