【さくらインターネット】データセンター用に建設した石狩市太陽光発電所、創電開始

自社運営のデータセンターでインターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット(大阪府大阪市)は8月10日、北海道石狩市石狩湾新港地域に、出力200kWの「さくらインターネット石狩太陽光発電所」を建設し、自社の石狩データセンターに送電を始めたと発表した。同センターは全棟(計8棟を予定)稼働した場合、およそ4000ラック分のサーバが電力を消費する計算になるが、太陽光発電所で発電する電力で全てをまかなえると計算し、同社は太陽光発電所の開所を決めた。

同センターは、2013年3月より、NTTデータ先端技術が特許を保有する直流給電システム「HVDCDC12V方式」を世界で初めて採用し、順調に稼働している。そのため同発電所は、発電した電力を交流電力に変換することなく、直流のまま同センターへ送電し、専用のサーバルームに給電する。

新設した発電所は、供電状況を自動で判断し、優先制御のしくみを導入している。最優先で利用するのは太陽光の電力で、380Vで給電する。太陽光が発電しない場合、電力会社の交流電流をHVDCによって直流に変換し340Vで給電する。太陽光が発電せず、商用電力が停電した場合は、非常用蓄電池から264Vで給電する。このしくみにより再生可能エネルギーを無駄なく利用し、発電効率を最大化することができる。

[画像:稼働した「さくらインターネット石狩太陽光発電所」]

《関連記事》【NEDO/NTTファシリティーズ】米国で高電圧直流給電実証開始へ。従来比で15%の省エネ化目指す(2015/8/24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る