【さくらインターネット】データセンター用に建設した石狩市太陽光発電所、創電開始

自社運営のデータセンターでインターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット(大阪府大阪市)は8月10日、北海道石狩市石狩湾新港地域に、出力200kWの「さくらインターネット石狩太陽光発電所」を建設し、自社の石狩データセンターに送電を始めたと発表した。同センターは全棟(計8棟を予定)稼働した場合、およそ4000ラック分のサーバが電力を消費する計算になるが、太陽光発電所で発電する電力で全て…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー