【つちゆ温泉エナジー】温泉井を活用しバイナリー発電。復興再生に向け、まもなく稼働開始

福島県の土湯温泉において、温泉の源泉井戸を活用した地熱発電所「土湯温泉16号原泉バイナリー発電所」が完成した。9月25日に発電機と原泉をつなぐ作業が完了し、現在、稼働に向けた最終調整を行っている。 [画像・上:土湯温泉16号原泉バイナリー発電所] 事業者は、つちゆ温泉エナジー株式会社。東日本大震災と原発事故からの復活再生を目指して、地元温泉組合が中心となって計画を進めてきた。発電用に新…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー