【アクセンチュア/SAPジャパン】小売全面自由化を見据え、電力事業者向けCISをクラウドサービスで提供

外資系コンサルのアクセンチュアとソフトウェアのSAPジャパンが、電力小売全面自由化に向けて協業を強化する。両者は8月、アクセンチュアの公益事業者向けクラウド型業務基盤サービスであるAEPS(Accenture Energy Platform Services)においてSAPジャパンのCIS(小売営業料金システム)を採用し、共同で電力事業者向けのサービス提供を行うことを発表した。 AEPSは、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー