【アサヒ飲料】災害対応型・マグネシウム空気電池を併設した飲料自販機を展開

アサヒグループホールディングスで清涼飲料を扱うアサヒ飲料は、巽中央経營研究所(東京都中央区)と共同で、マグネシウム空気電池を併設した災害対策用自動販売機を展開する。開発は一般社団法人東北再生可能エネルギー協会(宮城県仙台市)が実施する「飲料自動販売機併設型マグネシウム空気電池導入プロジェクト」として行っている。

[画像・上:マグネシウム空気電池を併設した、災害対策用自販機(提供:アサヒグループホールディングス)]

マグネシウム空気電池とは、炭素素材でできた正極活性用に空気中の酸素を用いる空気電池のうち、負極にマグネシウムを用いる電池のこと。両極と水、空気があれば発電可能で、マグネシウムはリサイクルできる。

本事業では、マグネシウム空気電池を搭載した飲料自動販売機を避難場所に設置して、災害時の電力供給用とする。2016年1月から福島県内の学校や病院などの避難場所を中心に100台を設置予定。2017年以降は福島県以外の被災県指定避難所への設置も検討していくとのことだ。

本件のマグネシウム空気電池は大容量発電が可能なタイプで、災害時にはライフラインの復旧の目途となる72時間の電力供給を可能としている。自動販売機の継続稼働に加え、パソコンや複数の携帯電話、TVなどの電源としても使用することができる。

全国清涼飲料工業会の集計によると、清涼飲料の自販機は全国で約250万台設置されている。現在、これら自販機を災害時に活用する取り組みが進んでいる。災害発生時に飲料物を無料で配布できるようになる機能や、災害情報が画面表示される機能などが各社で導入されつつある。アサヒ飲料でも2012年から、災害時に情報インフラとして活用できるWi-Fi搭載機を導入、これまでのべ420台を展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る