【アップルツリー】再生可能エネルギー割合50%強。新電力として電力供給を開始

商社として太陽光発電システムや蓄電池に代表されるスマートグリッド設備機器の販売を手掛けるアップルツリーは、9月1日より法人向け高圧・特別高圧の電力供給を開始した。これまでの電力会社からアップルツリーに切り替えることにより、電力料金を最大5%削減できるという。 同社が供給する電力は、再生可能エネルギー50%強という電源構成が大きな特徴だ。ベース電源もバイオマスと火力で確保し、安定供給を実現して…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー