【シャープ】福島県で「シャープ川内平伏森太陽光発電所」が運転開始。出力規模は約2.62MW

[画像・上:発電所外観]

シャープ芙蓉総合リースが共同出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラーは、福島県双葉郡川内村で「シャープ川内平伏森(かわうちへぶすもり)太陽光発電所」の商業運転を10月20日から開始した。

設置容量は約2.62MW-dc、年間予測発電量は約290万kWh。一般的な家庭の年間消費電力量に置き換えると約805世帯分に相当(1世帯当り3,600kWhで算出)すると試算されている。

なおシャープは、発電所の開発・建設から運転保守・管理までをクリスタル・クリア・ソーラーから委託されている。

<「シャープ川内平伏森太陽光発電所」概要>
事業会社:合同会社クリスタル・クリア・ソーラー
発電所所在地:福島県双葉郡川内村大字上川内字平伏森
敷地面積:約47,000㎡
出力規模(モジュール容量):約2.62MW-dc
年間予測発電量:約290万kWh(一般家庭の約805世帯分)
運転開始日:2015年10月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る