【シーテック】廃棄物処理場にメガソーラー竣工。パネル、パワコンとも日本製を採用

[画像・上:10月15日に行われた竣工式の様子] 中部電力グループのシーテック(愛知県名古屋市)は10月15日、愛知県知多市の埋立地にある廃棄物最終処分場に約12.8MWのメガソーラー「ソーラーパーク新舞子」を建設し、竣工式を開催した。EPC(設計・調達・施工)サービスは同社が担当した。パネルは三菱電機製の単結晶シリコン型を4万8,328枚採用、パワーコンディショナ(PCS)には東芝三菱電機…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー