【ジンコソーラー】両面ガラス仕様太陽光発電モジュールを推進

ジンコソーラー(本社:中国・上海市)は、両面ガラス仕様の太陽光発電モジュールの展開を推進している。日本市場には7月から投入されているが、このほど開催された[国際]次世代農業EXPO(幕張メッセ)に出展し、注目を集めた。 両面にガラスを採用することでバックシートを廃止、またフレームレスとすることで、モジュール内部への透水率をほぼゼロにしているのが特長だ。これにより経年劣化を低減することを可能と…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー