【ジンコソーラー】千葉県にメガソーラー完成。出力は約1.7MW

ジンコソーラーは10月、千葉県匝瑳市(そうさし)に同社が手掛けた出力約1.7MWの太陽光発電所が完成したことを発表した。発電電力は全量を電力会社に売電する。 現地は海岸線まで1kmあまりの沿岸地域だが、塩水噴霧やアンモニアにも対応するジンコソーラー製パネルの高い耐食性を活かし、長期間の運用を目指す。 ジンコソーラーは9月にも愛知県豊川市の太陽光発電所(出力1.8MW)を稼働させた。また…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー