【ソーラーフロンティア】曲がる薄型モジュール、実用化へ。シンガポールの新築ビルに設置

ソーラーフロンティアはこのほど、シンガポールに新たに建設されたターミナルビルに「ベンダブル(曲がる)CIS薄膜太陽電池モジュール」の試作品を設置した。

ベンダブル・モジュール(曲がる太陽光発電パネル)は「超軽量・薄型・折り曲げ可能」という特徴により、住宅やビルの壁、乗り物の屋根など、さまざまなものと一体化できるため幅広い用途への応用が期待できる。他社も現在、「薄くて曲がる」次世代型太陽電池の開発を進めており、今後、新たな市場の創出が見込まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る