【トヨタ自動車】エコカーからエネカーへ。東京モーターショーで燃料電池車コンセプトカーを展示。「分散電源としてのFCV」を前面に

トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」(一般公開日:10月30日〜11月8日)において、燃料電池自動車(FCV)のコンセプトカー「トヨタFCVプラス」を世界初展示する。

[画像・上:東京モーターショーで披露される「トヨタFCVプラス」(提供:トヨタ自動車)]

「燃料電池自動車は、『エコカー』から『エネカー』へ。」とのキャッチフレーズを持つこのFCV。水素社会の広まりと共に、再エネ由来の水素製造も広がり、「水素の地産地消」が成立すると想定。「社会に分散する電源」としてのFCV、より生活に密着した形でのFCVの役割、との観点を盛り込んだ。

搭載された水素タンクに加え、地域で生成され蓄えられた車外の水素からも直接燃料電池により発電が可能。自宅や移動先でも安定した電力供給源になることが想定されている。

さらに非接触給電パネルも装備。フロント床面下およびスパッツ状になっているリアタイヤ側面に設置され、V2H(Vehicle to Home:FCVから建物への給電)や他のFCV間での電力の給電・受電がさらに容易に行えるよう想定されている。

リアタイヤ側面部分は非接触式の給電用パネル。このパネルはフロント床面下にも装備されている(提供:トヨタ自動車)

リアタイヤ側面部分は非接触式の給電用パネル。このパネルはフロント床面下にも装備されている(提供:トヨタ自動車)

ボディはコンパクトで、1.3~1.5ℓのガソリン車「ヴィッツ」を彷彿とさせるサイズ感だ(ホイールベースはFCVプラスのほうが500mm長い)。前後重量配分の最適化を考慮し、FCスタックはフロントタイヤの間に、蓄圧タンクはリアシート後方に搭載するレイアウトを持つ。

FCスタックはフロントタイヤ間に、蓄圧タンクはリアシート後方に搭載。4輪インホイールモーター=4WDも採用し、コンパクトなボディサイズに広い室内空間を実現している。さらに機能部品を車両前後に集約するパッケージにより、最適な重量バランスと広大な視界を創出する。操縦安定性にも貢献(提供:トヨタ自動車)

FCスタックはフロントタイヤ間に、蓄圧タンクはリアシート後方に搭載。4輪インホイールモーター=4WDも採用し、コンパクトなボディサイズに広い室内空間を実現している。さらに機能部品を車両前後に集約するパッケージにより、最適な重量バランスと広い視界を創出する。操縦安定性にも貢献(提供:トヨタ自動車)

 

<「トヨタFCVプラス」車体寸法>
全長:3,800mm
全幅:1,750mm
全高:1,540mm
ホイールベース:3,000mm

《関連記事》
【ホンダ】新型・量産型燃料電池車を東京モーターショーで初披露へ。航続距離は700km超に(2015/10/1)
【紙面特集】「水素社会」実現のプロセス(2015/7/13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る