【トリナ・ソーラー】太陽電池モジュールの累計出荷15GW突破。今年中に世界シェア10%へ

中国の太陽電池モジュールメーカーであるトリナ・ソーラーは11月23日、2005年からの累計出荷数が2015年第3四半期末現在で15GWを突破したことを発表した。
併せて2015年内の出荷分で世界市場シェアが10%を超える見通しであることも発表。近年は中国系の各メーカーが世界シェアトップの座を争っており、トリナ・ソーラーの業績も引き続き好調であることを窺わせる。

同社は日本国内の市場でも実績を積みつつあり、各地でメガソーラーに機器を納入しているほか、今年はバックシートを廃して耐久性を大幅に向上させた両面ガラスパネルも投入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る