【トーヨーカネツ/東京工業大学】1万㎥級液体水素タンク開発開始。「水素発電」時代の需要増見据え

[画像・上:現行のLNG貯蔵タンク(左)と、開発予定の液化水素タンクの構造比較。極低温で貯蔵するために、魔法瓶のような内外の二重殻で保温性を確保する(提供:トーヨーカネツ)] タンク製造の世界的大手であるトーヨーカネツ(東京都江東区)はこの11月、液化水素の1万㎥級タンク建設の開発に着手したことを発表した。開発は東京工業大学教授の井上剛氏及び轟章氏と共同で進め、今後3年間をかけて液体水素貯蔵…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー