【パナソニック】スマホでHEMSをさらに身近に。無料アプリ「スマートHEMSサービスアプリ」を12月から提供へ

[画像・上:電気料金削減をサポートする「スマートHEMSサービスアプリ」で、屋外でも家庭の電力情報をチェックできる(提供:パナソニック)]

パナソニックは、HEMSで計測した家庭の複数の電力データをスマートフォンに配信する専用アプリを提供する。対象となるのは、パナソニック製のHEMSゲートウェイ(コントローラー)である「AiSEG」と、計測機能付き分電盤「スマートコスモ」とをセットにしたユニット「スマートHEMS」設置世帯だ。

配信されるのは、電気の使い過ぎ情報のプッシュ配信や、画面上の配色を変化させることによる家全体と分岐回路の使い過ぎなどの利用状況識別機能、ピークシフトをしやすくなる時間帯別の電気料金・使用電力量表示機能など。節電・電気料金削減のポイントが表示される。

表示も分かりやすく、使いやすいため、例えばプッシュ配信機能の場合、「HEMS画面を週に2度以上見る人」の割合で見ると、配信して以降約74%になり、それ以前の20%から大幅な向上が得られたとの結果が同社の実証試験では報告されている。

過去の平均と比べ現在の使用電力量が100%以上時「赤色」で「使いすぎ」を、80~100%未満「黄色」で「注意」を、80%未満「青色」で「省エネ状態」を意味する配色に変化(提供:パナソニック)

過去の平均と比べ現在の使用電力量が100%以上時「赤色」で「使いすぎ」を、80~100%未満「黄色」で「注意」を、80%未満「青色」で「省エネ状態」を意味する配色に変化(提供:パナソニック)

時間帯別の電気料金や使用電力量が分かり、ユーザーの電気料金削減をサポート。ピークシフトにも貢献する(提供:パナソニック)

時間帯別の電気料金や使用電力量が分かり、ユーザーの電気料金削減をサポート。ピークシフトにも貢献する(提供:パナソニック)

<「スマートHEMSサービスアプリ」概要>
希望小売価格:無料(サービス開始時に提供する機能は全て無料。ただしアプリをダウンロードする際の通信料は利用者の負担)
サービス開始日:2015年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る