【パナソニック】世界の無電化地域に太陽電池・LED照明付小型蓄電システムを展開

パナソニックは、無電化地域の生活照明として使用できるLED照明付小型蓄電システム「エネループ ソーラーストレージ」の製品化を発表した。 ミャンマー、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイなどのアジアや、エチオピア、タンザニアなどのアフリカの無電化地域に向けて、2015年11月より順次出荷を開始する。世界の無電化地域の人口は約13億人、無電化率は全世界人口の約20%(5人に1人)と言われてお…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー