【パナソニック】平等院ミュージアム鳳翔館に LED照明器具を納入。省エネ・省コストに加え高い表現力を発揮

[画像・上:パナソニック製LEDに照らし出される、平等院ミュージアム鳳翔館の国宝「雲中供養菩薩像」(提供:パナソニック)] パナソニックは11月、平等院(京都府宇治市)に付属する博物館「平等院ミュージアム鳳翔館」にLED照明器具約400台を納入した。 平等院は11世紀、当時の摂政・藤原道長死後にその子である藤原頼通により、道長の別荘を改築する形で建立。「古都京都の文化財」として世界遺産…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー