【ファーストソーラー】みずほ銀より太陽光発電所建設40億円の低金利融資を獲得

ファースト・ソーラーは9月30日、ファースト・ソーラー・ジャパン合同会社が事業者規模の太陽光発電所の開発資金として、みずほ銀行より最高40億円(約3,300万ドル)の低金利建設融資を獲得したと発表した。この融資は、日本におけるファースト・ソーラーの開発パイプラインの中で要件を満たしたプロジェクトの建設に対して提供される。

同融資を受けた発電所の建設にあたっては、ファースト・ソーラーは日本企業と協力して進めていく方針を打ち出している。ファースト・ソーラーは、最先端モジュールとシステム技術を採用した包括的な太陽光発電システムを供給する世界有数の企業。同社によると、「今回の融資は、日本における事業者規模向け太陽光発電業界の発展に向けたファースト・ソーラーの強い決意を表わすもの」だという。

ファースト・ソーラーのアジア・パシフィック地域リージョナル・マネジャー、ジャック・カーティス氏は次のように述べている。

「今回の事業者規模向け太陽光発電所への融資は、輸入化石燃料への依存を減らそうとする日本の継続的な取り組みをさらに強化するものです。ファースト・ソーラーのプロジェクト開発に対するみずほ銀行のサポートを機に、日本における事業者規模向け太陽光発電業界へ民間投資がさらに促進されることが期待されます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る