【ホンダ】マーシャル諸島でEV実証開始。発電用燃料とCO2の低減目指す

[画像・上:(右から)クリストファー・ロヤック マーシャル諸島共和国大統領、ホンダ代表取締役会長池史彦、光岡英行在マーシャル諸島共和国日本国大使館特命全権大使] 太平洋に浮かぶマーシャル諸島で、電気自動車(EV)を用いた実証実験が行われている。 導入されたのはホンダのフィットEVと、充電器であるホンダ・パワーチャージャー。パワーチャージャーは太陽光発電にも対応する。 世界のエネル…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー