【ホンダ】新型・量産型燃料電池車を東京モーターショーで初披露へ。航続距離は700km超に

[画像・上:ホンダの新型燃料電池車(FCV)外観 提供:ホンダ]

ホンダは、東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」(一般公開日:10月30日〜11月8日)において、同社初の量産型燃料電池車(FCV)となる新型FCVモデルを世界初公開する。

ホンダの新型・量産FCVは今年度中の発売が予定されている。セダンタイプのボディを採用し、ボンネットにFCスタックやモーターなどの燃料電池パワートレインを集約配置。その分キャビン部にゆとりをもたらし、乗車定員を5人とする。これは量産FCVとして先行するトヨタMIRAIの4人を上回る。また水素満タンからの航続距離で700km以上を窺うとしており、この点でも約650kmのMIRAIを超える付加価値を狙う。

新型FCVの室内(インパネ回り) 提供:ホンダ

新型FCVの室内(インパネ回り) 提供:ホンダ

専用インバーター「ホンダ・パワーエクスポーター・コンセプト」を開発し、北九州市のスマートコミュニティ実証に参加するなど、ホンダはFCVや電気自動車を用いた外部給電機能開発にも力点を置いてきた。その開発は量産型でも活かされる予定だ。

《関連記事》

【ホンダ/鳥取大学】医療系精密機器に対する外部給電実証を開始(2015/8/11)

トヨタ/日産/ホンダの自動車メーカー3社が合同で水素ステーション支援策を発表(2015/7/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る