【ユーラスエナジー 】豪州で大規模風力発電所着工。完成すると同社が南半球に持つ風力発電10万kWを突破

風力・太陽光発電をグローバルに展開するユーラスエナジーグループは7月8日、オーストラリアのヴィクトリア州で推進している「カヌーアブリッジウインドファーム」の建設に着手したと発表した。7月3日に開かれた着工式には、オーストラリア首都特別地域(ACT洲)の環境大臣ほか、関係者が参列した。 同プロジェクトは、オーストラリアの風力発電事業者であるウィンドラボ・デベロップメント(WLD)が開発した案件…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー