【リナジェン】大阪府初のFIT適用バイオガス発電プラントが稼働

バイオガス発電事業のリナジェン(東京都千代田区)は8月18日、同社が設計・施工を手がけたバイオガス発電プラント「MFパワー1号」(発電能力250kW)が大阪府岸和田市で本格稼働したと発表した。同社が設計・施工を担った初の施設であり、バイオガス発電で固定価格買取制度が適用された大阪府初の施設となる。 事業主は、大阪府を中心に廃棄物リサイクル事業を展開するリマテック(同岸和田市)。工場が林立する…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー