【レノバ】栃木県那須野が原でメガソーラー運転開始。24.8MW、環境保全を重視

[画像・上:運転を開始した「那須塩原ソーラー発電所」] 再エネやリサイクル事業を手掛けているレノバ(東京都千代田区)は10月21日、栃木県那須塩原市において「那須塩原ソーラー発電所」が運転を開始したことを発表した。発電事業者は、レノバほか1社が匿名組合出資を行っている合同会社那須塩原ソーラーとなる。出力は約24.8MW、想定年間発電量は約2,480万kWhで一般家庭約7,200世帯分の年間使…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー