【ヴェスタス】米国で合計200MWの風力発電タービン製造・運営受注

デンマークに本社を置く風力発電機器メーカー大手のヴェスタスは、アメリカ中西部の北部ノースダコタ州スタッツマン・カウンティでのプロジェクトにおいて、同社製2.0MWクラスの風力発電タービンを100基、合計200MWを受注した。9月11日に発表した。 発注者は米国のエネルギー関連企業エクセル社(本社:ミネソタ州ミネアポリス)。施設の完成は2016年中を予定している。ヴェスタスは風力発電設備の構築…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー