【三井不動産レジデンシャル】快適要素も重視したスマートハウス、世田谷の閑静な住宅街で着工

三井不動産のグループ企業である三井不動産レジデンシャルは9月17日、従来の創・蓄・省エネルギーの機能を備えたスマートハウスの設備機器に加え、快適・健康な住環境としての要素も重視した総戸数5戸の建売分譲住宅「ファインコート等々力 桜景邸」(東京都世田谷区中町二丁目17番)を着工したことを発表した。 [画像・上:「ファインコート等々力 桜景邸」完成後の街並みイメージ(提供:三井不動産レジデンシャ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー