【三井住友海上火災保険】風力発電施設の「リスク調査報告書」作成サービス開始

[画像・上:風力発電リスク調査報告書のイメージ] 三井住友海上火災保険とインターリスク総研は10月、再生可能エネルギー普及の支援をめざし、「風力発電設備のリスク調査報告書作成サービス」を開始したと発表した。風力発電事業者を対象に、立地や設備などの各種条件に基づいて事業全般に関わるリスクを総合的に評価し、報告書として提供するものだ。 風力発電設備は設計が複雑であり、他の再生可能エネルギー…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー