【三井造船】出力7,000kW級ガスタービンコジェネ設備を2台受注

三井造船は11月16日、鹿島動力の鹿島事業所(茨城県神栖市)向けに出力7,000kW級ガスタービンコジェネレーション設備「MSC70」を2台受注したことを発表した。 [画像・上:受注されたガスタービンコジェネ「MSC70」] MSC70は米国ソーラータービン社(キャタピラーのグループ企業)製の「Taurus70」ガスタービンを装備、タービン単体での発電出力は7,710kW。 燃料…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー