【三菱化学】「窓に貼る」透明な太陽電池の実用化へ向け、市場開拓開始

三菱化学は8月7日、有機薄膜太陽電池を用いた「シースルー発電フィルム」を開発し、実用化に向けて市場開拓を開始すると発表した。同製品は、樹脂フィルムの上に電極や有機半導体を塗布するタイプで、透明(シースルー)、軽量、フレキシブル(柔軟性)という特徴を有している。そのため窓への設置が可能となり、その他の従来の太陽電池が取付けられなかった様々な場所への活用が期待される。光を透過する薄膜太陽光電池を窓用フィルムとして製品化するのは国内初だ。

太陽光発電は、パネルの設置場所が限られる都市部においては、より多くの発電量を確保するために、建物の屋根や屋上面に加え、窓や壁面などを有効活用することが期待されている。しかし、窓、壁面、トップライト(採光や通風のため屋根に設置される窓部)へ設置するためには、透明性、色、重量などの課題があり、対応が困難だった。さらに、パネルを外壁や窓に設置した場合、汚れによる発電効率の低下と耐久性が問題視されてきた。

今回開発した「シースルー発電フィルム」は、窓に貼ることによって、それらの課題を解決し、発電量の確保に大きく貢献できる。また、増床傾向が続くオフィスビルではCO2排出量が増加しており、省エネ対策が急務となっているが、同製品は空調設備の省エネにもつながる。

同社の有機薄膜太陽電池は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める助成事業「有機系太陽電池実用化先導技術開発」に採択されて以降、多くの実証実験を行ってきた。窓や建物外装などへの使用については、この分野で約50年の実績を持ち、建築向けの窓用フィルムでの国内シェアが5割超あるスリーエムジャパンと提携し、窓ガラスに貼れる「シースルー発電フィルム」を共同開発した。

これまでに宮城県仙台市の仙台国際センターの渡り廊下の窓への設置や、同市スリーエム仙台市科学館エントランス付近の窓などに設置し、実用化への課題解決などに取り組んできた。この結果、実用化のめどが立ったことから、市場開拓に乗り出すこととなった。同社は今後、市場の状況を見ながら、太陽電池のエネルギー変換効率、耐久性をさらに向上させ、オフィスビルの窓に貼り付けられる製品として、販売を開始する計画だ。

[画像:実証実験で「仙台国際センター」の渡り廊下の窓に設置]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る