【中部電力】岐阜県管理のダムを活用した「阿多岐水力発電所」運転開始

中部電力は7月7日、岐阜県郡上市で建設工事を進めてきた「阿多岐水力発電所」が営業運転を開始したと発表した。岐阜県が治水を目的に運用している阿多岐ダムの直下に設けられた施設で、ダムの落差(37・7メートル)と放流水を利用した維持流量水力発電所だ。 最大出力は190㌗、想定年間発電量は一般家庭約360世帯分の年間使用電力量に相当する約130万㌗時。同社が岐阜県管理のダムにおいて初めて開発した水力…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー