【九州電力】地熱発電「大岳発電所」の設備更新計画すすむ

九州電力は10月末、地熱発電所の「大岳発電所」(大分県九重町)の更新計画に係る「環境影響評価準備書」を経済産業大臣に届け出るとともに大分県知事、九重町長に送付した。同評価準備書には、低騒音・低振動型の機器を採用するなど、環境に対する影響を軽減する対策が盛り込まれている。順調に進めば2017年半ばに新設備導入工事に着工し、2019年に新設備での営業を開始する予定だ。 [画像・上:大岳発電所] …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー