【京セラ】琵琶湖の人工島にメガソーラー完成。約8.5MW、滋賀県最大規模

京セラTCLソーラー合同会社(京セラと東京センチュリーリース)が運営する「滋賀・矢橋帰帆島メガソーラー発電所」が11月1日より売電を開始した。出力規模は滋賀県最大となる約8.5MW。年間予想発電量は、一般家庭2,900世帯分の年間電力消費量に相当する約930万kWh。発電した電力は関西電力に売電する。 同発電所が設置された矢橋帰帆島は、下水処理場のために琵琶湖を埋め立てて造られた人工島。島内…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー