【京セラTCLソーラー】関西最大クラス23MW、「京都・伏見メガソーラー発電所」着工

京セラと東京センチュリーリースが共同出資する京セラTCLソーラー合同会社は6月28日、京都市において出力規模約23㍋㍗の「京都・伏見メガソーラー発電所」の建設に着手した。2017年9月の稼働を目指す。23MWのメガソーラーは、現在稼働中の太陽光発電所において関西最大クラスの規模となる。 建設用地は、京都市内と大阪平野が一望できる醍醐山頂(標高約400m)に位置するゴルフ場「京都国際カントリー…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー