【古河日光発電】老朽化が進んだ「上の代発電所」を更新

古河電工グループの古河日光発電(栃木県日光市)は10月13日、約80年前に稼働した「上の代発電所」の設備を更新し、発電機の試運転を開始したと発表した。出力は3,900kW、年間発電電力量は一般家庭約1万1,600世帯分の消費量に相当する4万2,000MWhを見込んでいる。発電した電力は古河電工グループへ供給するほか、余剰電力は11月1日から売電を始める。 1906年創業の古河日光発電は、足尾…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー