【商工中金】「ウッド・サポート5000」活用融資2案件を発表。木質チップの増産を支援

商工中金は10月、農林漁業信用基金が昨年創設した保証制度「ウッド・サポート5000」()を利用した融資案件2件の実施を発表した。政府の「林業の成長産業化」に向けた取組みに呼応し、国産材の流通拡大に取り組む製材業者の事業活動をサポートしようとするものだ。

商工中金徳島支店がつるぎ木材加工協同組合(徳島県美馬郡)に対して、宮崎支店が木脇林業(宮崎県都城市)に対して、それぞれ3千万円を融資した。つるぎ木材加工協同組合への融資は、間伐材を用いた木材チップの増産に必要となる運転資金が対象。同案件は、「ウッド・サポート5000」を活用した四国地区第1号融資となる。

木脇林業への融資は、バイオマス発電事業向け木質チップ増産のための資金。同社は、宮崎県都城市周辺で杉の原木生産から製材・物流まで一貫して国産材製品を生産する木脇産業のグループ企業。今年2月に製造工場を建設しており、これからの生産拡大を見込むにあたり、原木の仕入量を増やすための運転資金が必要とされていた。

商工中金は、公的金融機関で唯一のフルバンキング機能を有する機関として、これら融資を通じて、林業の成長産業化や地域経済の活性化に貢献していく考えだ。

※「ウッド・サポート5000」は、農林漁業信用基金が2014年10月に創設した保証制度。無担保・別枠で5,000万円まで保証する。保証割合は80%。木製品の製造のための資金、立木購入など素材の生産に必要な資金、木材の卸売に必要な資金など、木材の安定的な取引を行っていくための運転資金が対象となる。

[画像・上:つるぎ木材加工協同組合]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る