【山梨県/NEDO/鉄道総研ほか】フライホイール蓄電の実証始まる。再エネの出力平準化に貢献期待

[画像・上:次世代フライホイール蓄電システムの開発分担と実証機のイメージ 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)] 開発の進む超電導技術を用いた次世代フライホール蓄電システムが、メガソーラーと系統に連系された。この事業は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトのひとつ「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」。蓄電システムを用いて太陽光発電の出力を平準化…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー